スクール紹介

白鳳流合氣武道 対象:児童の部 年中〜中学生、一般の部 中学生〜一般

Atacched File

Atacched File 地元密着23周年を迎えた滋賀県草津市でオンリー1でナンバー1のT&S草津駅西口スグにあるT&S合氣武道です。
オーストラリアから合氣武道の資格取得のために来日。日本をこよなく愛し、日本人よりも日本人らしいピ―ター先生です。


近年国際化する社会において、日本が世界に誇る文化である合氣武道を習得することで、護身術として身を守るためだけでなく、異文化とコミュニケーションできる特技として身につけることもできます。また白鳳流では「International Hakuho Ryu School」として海外にも支部を持ち、日本国内の各支部でも多くの外国人の方を受け入れております。草津支部でも英会話合氣武道としてアメリカ人の先生が指導するクラスも行った実績があります。是非一度、白鳳流合氣武道の体験にお越し下さい。



【合氣武道とは】

相手の力を無力化する技法で、会得すれば形にとらわれず応変自在に対応できるようになります。よって合気に「形」はないのです。しかし白鳳流では合気を感覚レベルから目で見てわかる形にして、形のない合気を形にして稽古が進むようにしています。人間は必ず老化し力が弱くなります、しかし合気は修行を重ねることで技が研ぎ澄まされ、逆に年を老うほどに強くなります。白鳳流では六感育成法や合気技法修得の為の方法論を初心者から学ぶことができます。

Atacched File

【大東流合気柔術と合気道の違い】

大東流合気柔術は武田惣角先生によって多くの門人(弟子)に広められました。その門人達の中に合気道の祖「植芝盛平先生」が大東流合気柔術の数ある技の中の「合気投げ」を主体とした技を「合気道」として広く一般の人に教えられました。簡単に言えば大東流も合気道も元は同じということなのです。そして違いとして大東流は古武道として形を変えずに現在も伝えられ、合気道は一般の人にも広く学びやすいように大東流から形を変えて伝えられています。例に取れば大東流では「武士の動き」、合気道では「現代人の動き」で稽古をします。

Atacched File

【白鳳流合氣武道 創立の経緯】

大東流合気柔術白鳳会から白鳳流合氣武道となったのは、他の大東流(100近くの団体があります)では決して教えていない大東流合気柔術の全貌(奥伝、秘伝、口伝など)を明かし、「修行者を達人にする」という流儀哲学を持ち、形のない合気を形にする、これら大東流を逸脱し大東流を名乗ってはできないことをはじめたからです。よって白鳳流合氣武道という流儀創始に至ることになりました。白鳳流の門人達は合気を極め達人となるために決して傲慢にならず謙虚な気持ちで修行します、古武道が持っていた神秘性を科学的視点で見直し、蒙昧と風習を明らかにしてこれから修行を希望する人々に広く門を開けています。

Atacched File

【大東流合気柔術とは】

大東流は清和天皇の末孫、新羅三郎義光を始祖として子孫の甲斐武田家に伝えられました。後に会津藩で殿中護身術として後世に伝えられ、大東流「中興の祖」武田惣角によって世に出ました。大東流は武士が戦中に陣内で甲冑をはずし小具足という軽装備でいる時に、武器を持った軍勢が奇襲をかけて来た時にも「素手」で対戦できる武術として武田家に伝えられました。このように大東流は長い歴史のある古武道なのです。

Atacched File Atacched File

体験時に必要なもの

  • 動きやすい服装
  • 飲み物
  • 楽しむ気持ち

※裸足で行いますので、上履き(シューズ)は必要ございません。

料金案内

『白鳳流合氣武道』の料金を見る

パンフレットを見る

閲覧には「adobe Reader」が必要です。携帯からは閲覧できませんので予めご了承ください。

1日無料体験

1日無料体験を希望される方はT&S事務局までお電話でご予約下さい。

※お一人2回で安心して体験参加して頂けます。<完全予約制です>

スクール日程表はこちら

フリーダイヤル 0120−025−932

スタッフ一同お待ちしております。